top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 小林臨床心理オフィス

カウンセリングの不安

更新日:2021年8月7日


カウンセリングってどんなことをするのか

自分の話をするのは不安

何か批判を受けるかもしれない

何から話していいのか分からない

など、いざ話をしたいなと思っても

話すとなると様々な不安があるかと思います。


カウンセリングでは、まずお話を伺います

話したくないことを無理に話す必要はないですし

焦らなくても構いません。

ご自分のペースで話せる所から話をしていただく

それこそがカウンセリングの基本です。

ご不安な場合は、どうかその不安をお伝えいただけ

たらと思います。



閲覧数:138回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己肯定感とは

「自己肯定感をあげる」「自己肯定感が低い」といった言葉を耳にします。では自己肯定感とはなんでしょう? 自己肯定感という言葉は、厳密にいうと心理学からではなく、教育学で使用されはじめた言葉です。心理学では自尊感情という言葉の方が一般的です。 現代社会ではポジティブであることを善とし、ネガティブを嫌う傾向があります。 それにあわせて、ポジティブに自分を偽っている人も多いでしょう。 そうなると自己肯定感

発達障害の要支援評価尺度(MSPA)が実施可能となりました。

MSPAとは 京都大学の船曳康子先生を中心に開発された発達特性の程度と要支援度を評価するものです。発達障害の特性について「コミュニケーション」「集団適応力」「共感性」「こだわり」「感覚」「反復運動」「粗大運動」「微細運動」「不注意」「多動性」「睡眠リズム」「学習」「言語発達歴」の項目から多面的に発達特性についての評価をおこないます。各項目での結果を特性チャートにまとめることで、発達障害の特性や支援

bottom of page