top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 小林臨床心理オフィス

レジリエンス

更新日:2021年8月7日

「レジリエンス」という言葉は、最近になっていろんな所で聞くようになった言葉かもしれません。


レジエンスとは、弾力・復元力・回復力という意味です。


弾力という言葉から「しなやかさ」と言われたりもします。


心理学では、自分に不利な状況やストレスに対する、回復力(しなやかさ)を指します。


ストレスに遭遇した時に回復する力をどうやって築けばいいのかということについて


アメリカ心理学会(APA,2014)では10の方法を提唱しています。


1. 身近な人(親戚や友人)と良好な関係を維持する

2. 危機やストレスに満ちた出来事でも、それを耐え難い問題としてみないようにする

3. 変えられない状況を受容する

4. 現実的な目標を立て、それに向かって進む

5. 不利な状況であっても、決断し行動する

6. 損失を出した闘いの後には、自己発見の機会を探す

7. 自信を深める

8. 長期的な視点を保ち、より広範な状況でストレスの多い出来事を検討する

9. 希望的な見通しを維持し、良いことを期待し、希望を視覚化する

10. こころとからだをケアし、定期的に運動し、己のニーズと気持ちに注意を払う


これら10の項目はセルフヘルプ(自助)で行うものとして考えられています。


なんだか自分で取り組むには難しいことも含まれているように見えるかもしれませんね。


なので、一人でできない時は、他者からの支援でできるようになると良いと考えられています。


自分でできる所からはじめて、できないところは、いろんな人に助けてもらって。


しだいに自分でできることが増えるというのがいいのかもしれません。








閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己肯定感とは

「自己肯定感をあげる」「自己肯定感が低い」といった言葉を耳にします。では自己肯定感とはなんでしょう? 自己肯定感という言葉は、厳密にいうと心理学からではなく、教育学で使用されはじめた言葉です。心理学では自尊感情という言葉の方が一般的です。 現代社会ではポジティブであることを善とし、ネガティブを嫌う傾向があります。 それにあわせて、ポジティブに自分を偽っている人も多いでしょう。 そうなると自己肯定感

発達障害の要支援評価尺度(MSPA)が実施可能となりました。

MSPAとは 京都大学の船曳康子先生を中心に開発された発達特性の程度と要支援度を評価するものです。発達障害の特性について「コミュニケーション」「集団適応力」「共感性」「こだわり」「感覚」「反復運動」「粗大運動」「微細運動」「不注意」「多動性」「睡眠リズム」「学習」「言語発達歴」の項目から多面的に発達特性についての評価をおこないます。各項目での結果を特性チャートにまとめることで、発達障害の特性や支援

bottom of page